新着情報記事一覧

  • 宮原啓輔

    平成26年度第1回光テクノロジー応用懇談会を開催いたしました。 - 2014.07.14

    【日 時】平成26年7月14日(月) 説明・講演15:00~16:40、施設見学16:50~17:20
    【場 所】(地独)北海道立総合研究機構 工業試験場1F研修室(札幌市北区北19西11)
    【参加者】27名
    【結果概要】
     
    1 開会
    田中道総研主幹の司会進行により開会。
     
    2 プログラム
    (1)ナノテクノロジープラットフォーム事業の概要
    科学技術振興機構 産学官連携推進マネージャー 東 陽介氏
     
    ・本事業の北海道地区担当マネージャーが東氏から、事業の概要説明があった。
    ・事業名にナノテクノロジーと冠してあるが、ナノテクだけではなく、一般企業でも活用できる機器をとり揃えている。敷居が高いと思っていただきたくない。
    ・全国の主要な大学が事業展開しており、北海道から九州の大学の機器を活用することも可能(北海道では、北大と科技大のみ)
    ・利用の流れとしては、
    ①技術相談(無料)で東氏や各機関のスタッフが利用側の希望や問題点を聞き、最適
    な活用方法を検討する。
    ②技術相談で決定したサービス(技術代行、技術補助、機器利用、共同研究)を活用する。
     
    20140714 009
     
    (2)微細加工PF/微細構造解析PFの使い方 ―研究・開発への活用事例紹介―
    北海道大学電子科学研究所 ナノテク連携推進室 准教授 松尾 保孝氏
     
    ・北大では、微細構造解析と微細加工の2領域で事業展開をしており、創生研究機構のナノテクノロジー連携研究推進室が本事業の窓口的役割を担っている。
    ・北大ではすでに外部の方の機器利用について多数の実績があり、利用しやすい体制ができていると考えるが、今後も利用促進を図って生きたい。
    ・ご利用に関して、お気軽にご連絡いただきたい。
     
    20140714 013
     
    (3)分子・物質合成分野の紹介
    千歳科学技術大学 バイオ・マテリアル学科教授 カートハウス・オラフ氏
     
    ・基本的な利用方法は、東氏、松尾氏が説明した通りである。
    ・本学では「技術相談」の前に「利用相談」を受け、利用に向けた相談を無料で行っており、その後教員等による具体的な「技術相談」を行っている。
    ・利用料金も非常に安価なので、ぜひ活用いただきたい。
    ・千歳科学技術大学で利用できる機器について説明あり(分析電子顕微鏡、ラマン顕微鏡など)。
     
    20140714 016
     
    3 北大創成科学研究棟見学
    ・レーザー超高圧電子顕微鏡やクリーンルームなど北大創成科学研究棟内の、機器について見学、説明を受けた。
     
    20140714 021
     
    4 懇親会
    ・創成科学研究棟内、「ポプラ」にて懇親会を行う。
    ・PWCからは川瀬学長も出席。道総研からは片山ものづくり支援センター長、吉田材料技術部長にご出席いただいた。
    ・通常の光テクノロジー応用懇談会のメンバーと全く違うメンバーで、有益な時間を過ごすことができた。
     

    ※JSTでは、10月下旬に「食・農・医の研究開発に役立つナノテク!(仮題)」というタイトルでの研修会を開催予定であり、PWCにも共催いただきたいとの要請を受けた。
    →PWCとしては、第2回光テクノロジー応用懇談会として共同で実施することとし、JSTと調整する。

  • m_nagahama

    平成26年度PWC研究クラスター活動報告会を開催しました。(H26.5.28) - 2014.07.11

    平成26年5月28日(水)に千歳アルカディア・プラザにおいて、特定非営利活動法人ホトニクスワールドコンソーシアム(PWC)の研究クラスター活動報告会を開催いたしました。
    活動報告会の内容詳細につきましては、会員の方のみへの提供となります。
     
    平成25年度PWC研究クラスター活動報告会
     
     

    ■研究クラスター活動報告会
     

    「フォトニックネットワークとブロードバンドアクセス研究クラスター」
    光システム学科  川瀬 正明 教授
    「フォトニックネットワークとブロードバンドアクセス研究クラスター」光システム学科  川瀬 正明 教授
     

    「有機ナノテク研究クラスター」(ビデオ説明)
    バイオ・マテリアル学科 カートハウス・オラフ 教授
     
     

    「ソフトウェア・コンテンツサービスクラスター」
    グローバルシステムデザイン学科 小松川 浩 教授
    「ソフトウェア・コンテンツサービスクラスター」グローバルシステムデザイン学科 小松川 浩 教授
     

    「バイオフォトニクス研究クラスター」
    バイオ・マテリアル学科 李 黎明 教授
    「バイオフォトニクス研究クラスター」バイオ・マテリアル学科 李 黎明 教授
     

    「環境光工学研究クラスター」
    グローバルシステムデザイン学科 吉田 淳一 教授
    「環境光工学研究クラスター」吉田 淳一 教授
     

    「美味しさを光で探るクラスター」
    バイオ・マテリアル学科  木村 廣美 教授
    「美味しさを光で探るクラスター」バイオ・マテリアル学科  木村 廣美 教授
     

    「光計測技術とその応用クラスター」
    グローバルシステムデザイン学科 山林 由明 教授
    「光計測技術とその応用クラスター」グローバルシステムデザイン学科 山林 由明 教授
     

    「ファイバレーザと光非線形デバイス研究クラスター」
    光システム学科  小林 壮一 教授
    「ファイバレーザと光非線形デバイス研究クラスター」光システム学科  小林 壮一 教授
     

    ■新規クラスターの紹介
    「次世代アクセスネットワーククラスター」
    光システム学科  佐々木慎也 教授
    「次世代アクセスネットワーククラスター」光システム学科  佐々木慎也 教授
     

    「千歳市観光振興研究クラスター」
    グローバルシステムデザイン学科 小林 大二 准教授
    「千歳市観光振興研究クラスター」グローバルシステムデザイン学科 小林 大二 准教授
     

    「健康増進のためのヒューマンセンシング技術クラスター」
    光システム学科 青木 広宙 准教授
    「健康増進のためのヒューマンセンシング技術クラスター」光システム学科 青木 広宙 准教授
     

    「バイオミメティクス研究クラスター」
    バイオ・マテリアル学科 下村 正嗣 教授
    (代理 バイオ・マテリアル学科 平井 悠司 講師)
    「バイオミメティクス研究クラスター」バイオ・マテリアル学科 下村 正嗣 教授(代理 バイオ・マテリアル学科 平井 悠司 講師)
     

  • 宮原啓輔

    平成26年度 PST-net例会に参加いたしました。 - 2014.07.11

    【日 時】平成26年4月18日(金) 14:00~21:00
    【場 所】機械振興会館会議室(東京都港区芝公園3丁目5-8)
    【主 催】PST-net
    【参加者】中村科学技術振興係長
    【結果概要】
     
    20140711
     
    1.平成26年度総会
     ○平成25年度事業報告(承認)
     ○平成25年度収支決算(承認)
     ○平成26年度事業計画(承認)
     ○平成26年度収支予算(承認)
     
    2.会社紹介
     アポロトレイディング㈱  安田 雅之
     ○1995年に中華経済圏向け輸出入業として設立
     ○2000年にエアフィルター工場を設立し、商社とメーカーの両面を持つ
     ○中国での市場開拓、販売先の選定、情報の収集、代金の回収等のノウハウを蓄積しているので、日本の技術、商品と中国マーケットとのビジネスマッチングの役に立ちたい。
     ○貿易事業は多岐にわたるが、中国本土、香港、台湾を含めた6か所の現地法人と5か所の営業所のサービス拠点から、専門知識と経験豊富な日本人駐在員、現地スタッフによるきめ細かいサポートを提供することが可能である。
      
    3.会員シンポジウム
    「フォトニックウェスト2014国際会議の報告」
      ㈱グローバルファイバオプティックス 梶岡 博
     ○2014年2月1日~6日、サンフランシスコにて国際会議が開催
     ○会議テーマは、オプティックス、レーザ、バイオメディカル、フォトニクス、オプトエレクトロニクス、イメージング等
     ○発表件数は4,700件、うち日本は268件で、USA(1639件)、ドイツ(414件)に次いで多い。
     ○世界のフォトニクス市場は、2011年で売り上げが350billion Eurosで2005年から年率6.5%の成長を続けており、2020年には650billion Eurosになると期待されている。日本もイノベーションに後れを取らないようにする必要がある。 
     ○欧州の2011年度売上は、63billion Eurosで世界の18%、5000のフォトニクス企業で30万が働いている。
     ○展示会の出展は1,260社、うち日系企業は45社、USA、ドイツ、中国、英国、日本、フランス、カナダの7か国で全体の9割を占めた。
     ○今回出展の1,260社の2013年度売上総額は8.4兆円で、世界全体(48兆円)の約18%、出展企業のうち500億円以上の企業は40社
     ○香川大学から赤外分光による非侵襲血糖計測における光源の変動による測定誤差のシュミレーションの発表があったが、眼球以外の生体非侵襲血糖値計測はまだできていない。
     ○USAは、日本に比べバイオメディカル分野での産学官連携が進んでいると感じた。
     
    4.招待講演
     「熱レンズ素子と熱レンズ方式7方向光路切替デバイスの開発」
      大日本精化工業㈱ 田中 教雄
     ○産総研と1990年から共同研究を進め、ハイパワーレーザー照射に長期間耐える有機色素薄膜を開発した。
     ○薄膜に吸収帯域の制御光を照射することでマイクロ熱レンズ効果が起こり、非吸収帯域の信号光のビーム断面をドーナツ型に変換できることを確認した。
     ○用途展開をはかるため、光路切替スイッチへの応用を検討し、「孔付きミラーでドーナツ状断面の信号光の向きを変える方式」の発明に至った。
     ○光路切替された信号光を光ファイバーに戻す、結合効率を高めるため、ガウス分布・丸ビームを変形させることなく光路切替させる方式を考案した。
     ○数千万件のシステム省エネにつながる用途を提案し、NEDOの省エネ助成テーマとして採択された。
     
    5.産学官連携支援事業の取組みについて
     PWC事務局 書記 中村 充
     ○千歳市の概要、立地企業の紹介ホトニクスバレープロジェクト、千歳科 学技術大学、PWC及びPWCの事業内容、国プロジェクトの受託実績と今年度のサポイン事業の変更点等を説明した。
     
    6.次回ミーティングの件及び事務連絡
     ○第2回例会は7月に千歳市で開催するので多数のご参加をいただきたい。
     
    7.交流会
     ○会席「北大路」虎の門店において、PWC会員である㈱VSN、㈱トリマティスを含め13人の参加のもと交流会が行われた。
     ○参加企業から、千歳科学技術大学との具体的な共同研究の意向は聞かれなかったものの、PST-netを通じて今後も千歳市や千歳科学技術大学と関わっていきたいとのこと。
     ○サポイン事業に関心がある企業もいるが、関東からの申請は採択されることが難しいとのこと。
     ○また、26年度から、サポイン事業が国からの委託ではなく補助金になることについては、中小企業を支援する制度にも関わらず、企業の補助率が2/3となったこと、また、従来同様、事業完了後の精算払いであることから、本制度への魅力がなくなってきたとの声があった。
     
    8.まとめ
     ○新サポイン事業に対する企業の関心が薄れていることから、PWCとしては、サポイン事業以外の補助制度も情報収集し、適時、PWC会員企業に情報提供していく必要がある。
     ○本交流会を通じて、企業と千歳科学技術大学の共同研究を促進するためには、千歳科学技術大学において事業化可能なシーズを企業に情報提供する機会と、企業のニーズを千歳科学技術大学に情報提供する機会の充実が必要と感じた。

  • m_nagahama

    平成26年度PWC定期総会を開催いたしました。(H26.5.28) - 2014.07.04

    平成26年5月28日(水)に千歳アルカディア・プラザにおいて、特定非営利活動法人ホトニクスワールドコンソーシアム(PWC)の総会を開催いたしました。
     
    平成26年PWC総会_出席者
     
    【日 時】
    平成26年5月28日(水)15時00分~15時50分
     
    【場 所】
    千歳アルカディア・プラザ 1階 多目的ホール
    (千歳市柏台南1丁目3番地の1)
     
    【出席者数】
    正会員57名中、41名(出席者19名、表決委任22名)
     
    【審議事項】
     (1) 議長選任
     (2) 通常総会成立要件の報告 
     (3) 議事録署名人の選任
     (4) 議事
     
    【議事の経過の概要及び議決の結果】
    千歳科学技術大学学長でありますPWC川瀬理事長を議長に選任いただき、議事を進行いたしました。
    川瀬議長
     
    議事では「平成25年度事業報告及び収支決算」「平成26年度事業計画及び収支予算」を含む議案7件についてご審議をいただき、全て承認又は決定をいただき終了することができました。
     
    平成26年PWC総会議事
    平成26年PWC総会議事2
     
    PWCといたしましては新規研究開発事業など、新技術・新製品の開発に向け、積極的な事業を展開して参ります。

  • m_nagahama

    第2回千歳科学技術大学公開講座について - 2014.07.03

    7/19(土)に第2回千歳科学技術大学公開講座が開催されます。
     
    詳細は千歳科学技術大学ホームページをご確認下さい。
    http://www.chitose.ac.jp/region/lecture.html
     

    【日時】2014年7月19日(土)14:30-16:30
    【場所】千歳市民文化センター 3階 視聴覚室
    【対象】どなたでも参加できます(事前申込必要)
    【受講料】無料
    【定員】 40名(定員になり次第、申込を締め切ります)
    【講座内容】
        演 題:女性として生きること:
            『めぐりあう時間たち』にみる作家ヴァージニア・ウルフ
        講 師:千歳科学技術大学 総合光科学部 講師 金井 彩香
     
    【後援】千歳市教育委員会
        特定非営利活動法人ホトニクスワールドコンソーシアム
     
    【お申込み方法】
    公開講座申込フォームより申込、またはTEL・FAX・はがき・封書・
    e-mailのいずれかでお申し込みください。
    (参加希望の旨のほか、氏名、住所、電話番号もご連絡ください)
     
    【申込締切日】7月14日(月)
    ※定員になり次第締め切りますので、締切日が早まる場合があります。
     
    【お問い合わせ・お申込み先】
    〒066-8655千歳市美々758-65
    千歳科学技術大学 教育連携推進課
    [TEL] 0123-27-6044 [FAX] 0123-27-6007
    [e-mail] renkei●guppy.chitose.ac.jp
    (※スパムメール対策のため、●を@に変換し、お送りください)

  • m_nagahama

    平成26年度第1回光テクノロジー応用懇談会を開催します。 - 2014.06.27

    「ナノテクノロジープラットフォーム事業説明会及び見学会」のご案内です。
     
    「ナノテクノロジープラットフォーム」事業は、最先端の研究設備とその活用ノウハウを有する全国の大学・研究機関(25機関)が協力して、産学官の幅広い利用者に対し、最先端設備の利用機会と高度な技術支援を提供することを目的に平成24年7月にスタートしました。
    今回は、事業の紹介と、企業の皆様に御利用いただける研究設備の見学を行います。
     
    日 時…平成26年7月14日(月) 15:00〜17:30
    場 所…北海道立総合研究機構 工業試験場1F研修室(札幌市北区北19西11)
     
    <プログラム>
    15:00 ナノテクプラットフォーム事業の概要
    科学技術振興機構
    産学官連携推進マネージャー 東 陽介氏
    15:20 微細加工PF/微細構造解析PFの使い方
    -研究・開発への活用事例紹介-
    北海道大学電子科学研究所ナノテク連携推進室
    准教授 松尾 保孝氏
    16:00 分子・物質合成分野の紹介
    千歳科学技術大学バイオ・マテリアル学科
    教授 カートハウス・オラフ氏
    16:40 研究設備の紹介及び見学
    ☆ 終了後、懇親会を行います。(会場:創成棟1F「ポプラ」会費:2,000円)
     
    <参加費>
    無料
     
    <主 催>
    特定非営利活動法人ホトニクスワールドコンソーシアム
    北海道光科学技術研究会
    北海道大学ナノテクノロジー連携研究推進室
    千歳科学技術大学
     
    <申込先>
    以下の申込用紙(PDF)を印刷・必要事項を明記し
    FAXにてお申し込み下さい。7月9日(水)まで
    申込用紙(PDF)
     
    NPO法人ホトニクスワールドコンソーシアム事務局
    FAX: 0123-42-0554

  • 宮原啓輔

    第1回千歳科学技術大学公開講座を開催いたしました。 - 2014.06.18

    2014年6月14日(土)14:30より千歳市民文化センタ-において、今年度第1回目となる公開講座を開催しました。
    今回の公開講座では、本学グローバルシステムデザイン学科の石田雪也講師が、「大学教育におけるキャリア教育の重要性 ~昨今の大学教育とICT活用~」と題して講演を行いました。
    講演では、大学を取り巻く環境の変化とそれに伴う大学教育の変化、卒業後社会に出るにあたり求められる力(社会人基礎力)とそれに応えるため大学で行っているキャリア教育などについて、本学での例を交えながら説明を行いました。
    また講座の終わりには、就職試験でよく用いられているSPIという試験を3問ほど用意し、来場者の皆様にも体験してもらい、盛況のうちに講座を終了いたしました。
     
    当日は千歳市内をはじめ、室蘭市、札幌市などから27名の参加者に受講いただきました。
     

    一般市民
    23名
    講演者・千歳科学技術大学教職員・学生
    4名

    ・男性21名、女性 6名
    ・40代1名、50代3名、60代6名、70代以上7名、不明10名

     
    日時:2014年6月14日(土)14:30~16:30
    会場:千歳市民文化センター 3階 視聴覚室
    後援:千歳市教育委員会、特定非営利活動法人ホトニクスワールドコンソーシアム
     
    演題/講師
    ・大学教育におけるキャリア教育の重要性 ~昨今の大学教育とICT活用~
    /石田 雪也(千歳科学技術大学 総合光科学部 グローバルシステムデザイン学科 講師)

  • 宮原啓輔

    ICT利活用広域連携推進連絡会議(平成26年度第1回)を開催しました。 - 2014.05.28

    【日 時】平成26年5月27日(金) 14:00~16:15
    【場 所】千歳市立勇舞中学校
    【参加者】26名
    【結果概要】
     

    —————————————————————————————————
    第1部 【勇舞中学校教員による授業実践】
    —————————————————————————————————
    ・6校時の授業実践風景を各自自由に参観
    ・社会(歴史)は、通常の黒板と電子黒板を併用し授業を行っていた。
    ・理科は、通常黒板、電子黒板、IPADを使用、電子黒板には生徒(グループ)の回答までの制限時間をストップウォッチで表示、各グループは、実験結果をノート等に記載してIPADのカメラ機能で撮影、その画像を教員に送信(回答)していた。
    ・各グループの回答状況は電子黒板に表示され、回答が送信されていないグループがどこか一目瞭然にわかる。
    ・生徒は各グループの回答内容を電子黒板で見ることができ、教員は、画像を拡大縮小させながら授業を進めていた。
    ・生徒のIPAD使用経験は1か月程度とのことであるが、使用方法の問い合わせは皆無
    ・授業後、理科教諭と意見交換したところ、グループ討議結果を模造紙にまとめて壁等に貼り付ける時間の短縮効果があったとのこと
     
    【協議会の主旨説明】小松川教授
    ・電子黒板、IPAD等が学校現場に普及してきている。
    ・夕張市、遠別町、栗山町などと運用支援契約を結び、研究室学生がサポートを行っているが、現地に赴く時間や距離を勘案すると、迅速にサポートできる状況にはない。
    ・ついては、今後、担当教員間のネットワークの充実が必要となっていることから、通常の連絡会議と並行し、担当教員対象の学習会も実施していきたい。
     
    【今年度の取り組み案の説明】小松川研究室
    ・eラーニングを活用した家庭学習支援を行いたい。
    ・教員の負担減と普及促進のため、各校で共有できる電子黒板コンテンツを開発したい。
     
    【次回以降の会議スケジュール予定について】
    ・7月末~前期成果報告、後期活動の協議
    ・11月末~後期成果報告、次年度に向けた検討
    ・具体的な日時は別途調整
     
    —————————————————————————————————
    第2部 【教員対象学習会の説明】勇舞中学校 大西智彦教諭
    —————————————————————————————————
    ・小松川研究室の学生は順次卒業していくものであることから、教師自身が協力し勉強してICTを授業に活用していく必要がある。
    ・研究室の学生はあくまでも学生であり、授業実践の経験を持つ教員ではないないことから、教員は、学習会に出席して、コンテンツを授業でどのように活用するのか考えるべき
     
    —————————————————————————————————

  • 平成26年度通常総会のご案内 - 2014.05.12

    PWC正会員(法人・個人)の皆様
     

    平成26年度通常総会を下記の日程で開催いたしますので、ご参集くださいますようご案内申し上げます。
    なお、出欠につきましては、先般お送りしました、案内文書別紙様式にご記入のうえ、Eメール、FAX又は郵便で5月20日(火)までにご連絡いただきますようお願い申し上げます。
    また、都合により欠席される場合は、同封の委任状に自署押印のうえ、返信用封筒にて提出くださいますよう重ねてお願いいたします。
     

    ① 平成25年度通常総会日程
    【日時】平成26年5月28日(水) 15:00~
    【場所】千歳アルカディア・プラザ 1階 多目的ホール
       (千歳市柏台南1丁目3番地1 JR南千歳駅隣接)
     

    予定議題:
    (1)報告の部
    報告 会員の入会・退会について
    報告 提案公募型研究開発事業の申請について
    (2)議案の部
    議案 平成25年度事業報告及び収支決算について
    議案 平成26年度事業計画及び収支予算について
    議案 借入金について
    議案 役員の任期満了に伴う役員の選任について
    ※議案書は別途送付いたします。
     

    ② PWC研究クラスター活動報告会及び交流会日程
    -PWC活動報告会-
    【日時】平成26年5月28日(水) 16:00~
    【場所】千歳アルカディア・プラザ 1階 多目的ホール
    -交流会-
    【日時】平成26年5月28日(水) 17:30~
    【場所】千歳アルカディア・プラザ 1階 交流サロン (※参加費1,000円)
     

    ③ 問い合わせ・連絡先
      〒066-0009 北海道千歳市柏台南1丁目3番地1
             千歳アルカディア・プラザ3F
      特定非営利活動法人ホトニクスワールドコンソーシアム事務局
      千歳市産業振興部産業支援室科学技術振興課内(担当:島津・中村)
      Tel. 0123-42-0523 FAX. 0123-42-0554
      E-mail:pwc-chitose@city.chitose.hokkaido.jp

  • 第1回千歳科学技術大学公開講座について - 2014.05.07

    6/14(土)に第1回千歳科学技術大学公開講座が開催されます。
     

    【日時】2014年6月14日(土)14:30-16:30 (14:00会場)
    【場所】千歳市民文化センター 3階 視聴覚室
    【講師】グローバルシステムデザイン学科 講師 石田 雪也
    【お申込み方法】氏名、住所、電話番号、参加人数を明示のうえ、TEL、
    FAX、ハガキ、封書、eメール、ホームページのいずれ
            かでお申込みください。 
            ※申込締切日は6月5日(木)です
    【お問い合わせ・お申込み先】
    〒066-8655 千歳市美々758-65
    千歳科学技術大学 教育連携推進課
    TEL 0123-27-6044
    FAX 0123-27-6007
    eメール renkei@guppy.chitose.ac.jp
    ホームページ http://www.chitose.ac.jp

     
    詳細は以下PDFにてご覧頂けます。
    【PDF】第1回千歳科学技術大学公開講座