平成25年度第1回光テクノロジー応用懇談会を開催しました。(H25.6.11)2013.06.11

平成25年度第1回光テクノロジー応用懇談会を開催いたしました。
日時:平成25年6月11日(火)
講演会14:00〜15:30
場所:千歳科学技術大学 F204
 
「挨拶及びナノテクノロジープラットフォーム事業の紹介〜
挨 拶:千歳科学技術大学 学長 川瀬 正明 氏
事業紹介:千歳科学技術大学 シニアアドバイザー 河野 敬一 氏
 
千歳科学技術大学の概要をはじめ、ナノテクノロジープラットフォーム機器の
利用スキーム、利用料金、機器の概要、活用実例のご説明がありました。

「ナノテクプラットフォーム分析機器等活用事例発表」
(株)デンソーエレクトロニクス  品質保証次長 加家壁 弘志 氏
 
活用事例についてご説明があり、つぎのような感想が述べられました。
●大学は敷居が高いと思ったが、親切丁寧な対応を受けている。
●安い料金で活用できることから、会社で購入する必要がなくなり、
経費節減につながった。
●会社以外の方と交流することで、若手社員の貴重な経験の場となった。

「ナノテクプラットフォーム機器等研究施設見学」
千歳科学技術大学バイオ・マテリアル学科教官
 
3班編成で下記施設を見学しました。
 
?顕微鏡室(E104) 担当 平井先生
?化学分析室(E203) 担当 河野先生
?レーザー室(D101) 担当 小田先生
 
1班 ?⇒?⇒? 案内役 科技大 高杉研究推進課長
2班 ?⇒?⇒? PWC 磯崎事務局次長
3班 ?⇒?⇒? PWC 中村事務局書記

 
○ナノテク教官紹介及び意見交換
千歳科学技術大学 教授 オラフ・カートハウス 氏
 
担当教官のご紹介があったほか、意見交換では、参加者からの質問に対し、
利用相談は無料であること、使用方法の説明は受けられること、希望によっては
代行や補助も可能であること等のご説明がありました。

 
最後に、産学官連携推進マネージャーである独立行政法人 科学技術振興機構
東 陽介氏から、ナノテクプラットフォーム事業の活用に対する支援制度の
ご紹介があり、盛会のうちに終了しました。