レーザと非線形現象研究クラスターfiberlaser

主な研究テーマは光ファイバと光導波路。中でも力を入れているのは、ファイバそのものがレーザになるファイバレーザの開発で、医療用や計測用のファイバレーザを炸裂することを目的としています。増幅用ファイバに光のエネルギーを注入すると、ファイバ端からさまざまなレーザ光線が出てきます。そして、発信させたファイバレーザの中から赤や緑などの波長を選択できるかどうかが重要なのです。ファイバに波長選択性の機能を持たせ、ファイバレーザの発信波長を自由に選べるように作製できれば可能性は大きく拡がり、そうした未来型ファイバの可能性を追求する研究に取り組んでいます。
CC: 唐澤 直樹( 千歳科学技術大学 )

研究の詳細については現在作成中です