環境光工学研究クラスターlight

「環境にやさしい光技術」をテーマに、LEDによる
植物栽培、太陽電池の応用技術を研究中。

教授・博士(工学)吉田 淳一

■専門分野光デバイスや光エレクトロニクスの環境、エネルギー、通信、農業などへの応用技術(積雪寒冷地用太陽電池応用技術、植物栽培用LED・LD光源など)

■慶應義塾大学工学部電気工学科卒業

■慶應義塾大学大学院理工学研究科学位(博士)取得

省エネ・健康志向・おいしさをキーワードにLEDで植物を栽培、
自然エネルギーとの組合せも研究中

 人工的な光で植物を栽培すれば、天候や季節に左右されず、ビルの中でもできるため、土地を気にすることなく、日本のように耕地面積が小さい国に向いています。また、雪の時期が長い北海道にも向いている栽培方法と言えます。現在の植物工場(※1)はハロゲンランプや蛍光灯が主流ですが、私たちは低消費電力のLEDで省エネできないかと研究中です。発熱が少ないため何段にも重ねて栽培が可能になります。照射する光の色で栄養成分の量が変わるという手がかりも得ているので、自由自在に色を選べるLEDは最適です。また,植物に特定の色(波長)を当てることで栄養成分だけでなく、成長の速度を変えることも可能なため、収穫サイクルを増やす事もできます。光と味の関係も研究課題です。

※1「植物工場」管理された環境で植物を育てる生産設備の名称です。水耕栽培が主で基本的に栽培された植物は洗わずにそのまま食べられます。虫などがつかずムダも少ない。

 また、低消費電力のLEDでも栽培には数多く必要で電気代がかかるため、クリーンエネルギーの有効活用の観点から,太陽光発電や風力発電の併用,バイオマスエネルギー・工場排熱や廃ガスの利用などを含むトータルシステムの実現が必要不可欠と考えて,今年度から新たに研究を始めました。
 太陽光発電について,従来の太陽電池は片面のみで光を受けていましたが、両面受光型を使って地面からの反射も利用しようと、地面に垂直に立てた設備で実験中です。両面受光型の太陽電池は,現在、千歳市内の幼稚園でもフェンスの代わりに使用されています。
これらの研究は従来の農業と競争するのではなく、共存を目的として研究を行っています。
将来、成果が多くの人に利用されるという夢を持って研究を進めています。


新しい光技術の実用化に向けて、当研究クラスターと手を取り合い、共に研究開発を行って頂ける企業様、また、関心・興味のある企業様は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

Fotbalove Dresy futbalove dresy na predaj billige fotballdrakter maglie calcio online billige fodboldtrøjer basketbalové dresy tanie koszulki piłkarskie maillot de foot personnalisé
ルイヴィトンiphone7plusケース コピー